RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本代表 vs ラトビア代表
結果:
ラトビア 2 - 2 日本
得点者:
05m 高原
52m 中村
67m リムクス
89m ルビンス

欧州遠征第1戦。相手はラトビア。WC出場権を逃した相手に対し
何処までやれれるかがポイント。だた、FIFAランクは下だが、されど
欧州。緊張感を持たないと痛い目にあうだろう・・・。
今遠征にはその欧州で凌ぎを削る最多9名が召集。中でも大久保、松井
が久々の代表復帰、小野もケガからの復帰とあって明るい話題も多い。
だが、紅白戦で小野が再び怪我をし、急遽松井がスタメンに入る事となった。
今回のスタメン
−−−−柳沢−−−−−−高原−−−−
−−−−−−−−中村−−−−−−−−
−−松井−−−−−−−−−−中田−−
−−−−−−−−稲本−−−−−−−−
−中田浩−−−−−−−−−−−駒野−
−−−−−−茂庭−−田中−−−−−−
−−−−−−−−土肥−−−−−−−−

この試合のポイントは3つ。
・中盤をダイヤモンド型に形成し、底に稲本をワンボランチで起用。
・松井のスタメン起用。
・中田浩の左SB起用。

ジーコは3ボランチ(4-3-1-2)と言っていたが、サイドの2人が攻撃的過ぎる為、
実際には4-1-3-2と見られる。両方のフォーメーションで代表例をあげるとすれ
ば4-3-1-2はセリエAのミラン。中盤の底にピルロを擁し、その脇をセードルフ
とガットゥーゾが固める。4-1-3-2はリーガのレアル・マドリッド。中盤の底には
グラベセン。トップにラウル。右にベッカム、左にジダン。まぁこれらと比べて
も何の意味も無い事も分っていますよ。ハイ。

試合開始から日本の中盤は以外にもスムーズにボールが回っている。左右に入った
中田、松井が効果的なポジションチェンジで前線を動くと微妙なマークのずれから
前を向いて勝負出来るシーンが何度かあった。前半開始早々に高原のロングが決ま
り、若干の余裕が生まれたのかもしれない。
この中盤の構成は結構な機能を果たしていたと思う。少なくとも前半までは。後半
に入ると、疲労からか足が止まってしまい。パスが単調になってしまった。ラトビ
アはそれらの縦や横のパスを完全に狙ってカウンターで攻勢をかける。セットプレ
ーから1点を返されると、流れが変わってしまった。
ここでジーコが3バックにするが、これが裏目にでる。次のウクライナ戦を考慮し
ての事だと思われるが、攻撃の要の中村、松井を下げてまで3バックにする必要が
あったのか?高原、中田英に変えて、本山、鈴木で点を奪いに行く気があったの?
ジーコの采配には残念ながらガッカリさせられた。親善試合とは言え、1点差を守
りきるようには見えないし、ましては同点から勝ちに行く姿勢には見えなかった。

ポイントの整理。
中盤の底に入った稲本のワンボランチは充分機能していたと思われる。攻撃的な
部分を抑えて、前後左右のカバーをしていた。だたワンボランチはリスキーなポ
ジションだけに安定したコンディションの選手の起用が良いかもしれない。
左サイドに入った松井は良いアピールが見られた。キープしながら前に持ってい
けるタイプは今の代表にはあまり見られないし、フランスでもまれているだけの
事はある。次のウクライナ戦もスタメンで見てみたい。
左サイドバックに入った中田浩は右の駒野と連動して、攻撃に上がったり、中に
絞ったりとそつなくこなしていたと思う。ボランチに移った後は戸惑いもあった
のか、最後のパスミスさえなければという感じだった・・・。

最後のフォーメーション
−−−−大久保−−−−−鈴木−−−−
−−−−−−−−本山−−−−−−−−
−−アレ−−−−−−−−−−駒野−−
−−−−−中田浩−−−稲本−−−−−
−−−茂庭−−−田中−−−坪井−−−
−−−−−−−−土肥−−−−−−−−
| 海外サッカー | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - |
Comment
Comment on this entry









Trackback URL
http://redzone2nd.jugem.cc/trackback/127
Trackback