RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ホーム開幕 vs ジュビロ磐田
ホーム開幕戦。スタジアムは赤一色で染められて、見てても気持ちが良いです
ねぇ。天気良好。まさに最高のゲーム日和。

さてさて、今日のスタメン。
前節のガンバ戦と変わらず3-6-1です。
−−−−−−ワシ−−−−−−
−−−小野−−−−ポン−−−
アレ−−−−−−−−−−山田
−−−−ハセ−−鈴木−−−−
−−坪井−−闘莉−−堀之−−
−−−−−−都築−−−−−−
サブ:山岸、内舘、平川、相馬、永井、黒部、酒井

サブには岡野の代わりに酒井が入る。
ワシントンを1TOPに置き、小野、ポンテがシャドー。左にアレ、右にCup山田。3バックに坪井、堀之内、闘莉王、GK都築。
試合を通してみると、小野と長谷部がポジションチェンジし、小野がやや下が
り目から、長谷部がトップの下からというようになっていた。

対する磐田は4-5-1を採用。
−−−−−−カレン−−−−−
−−村井−−名波−−−西−−
−−−−ファ−−菊池−−−−
服部−−−−−−−−−−鈴木
−−−−キム−−田中−−−−
−−−−−−川口−−−−−−

代表戦が8人スタメンと前節同様、サイドでの攻防が面白かった。
前半早々から鋭いキレ味を見せていたのがアレックス。右SBと不慣れなポジシ
ョンで先発した磐田の鈴木を嘲笑う様に何度も突破を見せてくれた。代表を争
う村井への対抗心か、気持ちが空回りすることもなくチャンスを演出していた。
前かかりなアレのポジションを修正するように控えめだったのが右の山田。
左右のバランスを考えながら、あまり上がり過ぎずに、数的不利を作り出さな
いように守っていた。中盤の底では鈴木が的確なポジショニングで、チャンス
の芽を剥ぎ取り、小野とのバランスを見ながら攻撃参加していた。

DFラインも積極的にプレッシングをかけ、相手に前を向かせない意識が浸透し
ているのが伺えた。と、選手個々が高いパフォーマンスとモチベーションでホ
ーム勝利を目指しているのが感じられた試合だった。逆に考えると少々浮き足
だっていたのかもしれない。前半開始早々はアレを上手く起点としていたが、
1TOPに対するフォローが上手く行かずに、なかなか良い状態で攻撃を仕掛ける
事が出来なかった。このあたりから、中盤で長谷部、小野がポジションをチェン
ジし始める。中盤の底から小野を基点にボールが上手く回り始めるとリズムが
上がり始める。ワンタッチ、ツータッチで簡単に裁く為に、周りが連動して動く。
これによって前を向いての攻撃が可能になる。小野の復帰によってチームもたら
されたのはリズム。チームにもっとフィットすると、底が知れなそうだ。

前半33分。右からのコーナーのこぼれ球に反応した長谷部が右サイドを突破。
ゴール中央でワシントンが右に流れると慌てたDFが引き寄せられる。そのギャッ
プに残っていた闘莉王が反応し、ヘッドで先制し流れを手繰り寄せる。
前半42分。相手攻撃のカウンターから右サイドをポンテが突破。DF2人を引き寄
せながら中央に切れ込むと、服部の足にかかりファール奪取。この直接FKを今日
キレキレのアレックスがゴール右に流し込み追加点。2-0。このまま前半終了。

後半に入っても流れは変わらず浦和ペース。
後半16分。相手DFラインでの処理に飛び込んだポンテが茶野と川口の間をスルリ
と抜け出し、ボール奪取。そのまま無人のゴールに流し込み3-0。

この後ルーズボールを競ったアレックスが肩を負傷し交代を余儀なくされる。
代わりに出てきたのは平川。今季加入の相馬が出てくるかなと思っていた矢先、
山田に代わって登場。この相馬。前を向いてちゃんと勝負し、気迫が漲っている
感じが出てて何かしてくれそうだった。その直後に中盤底から小野がフワりと
浮かしたクロスに飛び込みに行く。ワシントンが競り勝っていればGKと1対1とい
う絶好のチャンスだった。その後も磐田の鈴木に対し積極的に仕掛け、ボールを
奪いに行き、今後の左争いに期待が持てそうだ。

終了間際。気持ちが緩んだのかショートコーナに全く反応せずにDFラインの裏に
名波がクロスを入れると飛び込んだ茶野がヘッドで合わせ1点返上される。
と、悪いところが出てしまい残念な失点となってしまった。

「ボランチ小野の効力」
・周りを生かしながら攻め上がる能力。
・空間把握能力と長短パスでの展開力。
・ボールを簡単に失わないキープ力。

小野が中盤の底でボールを持つ事によって、チームにリズムを生み、前線のへ
の展開がスムーズに始まる。どちらかと言えばACミランのピルロのようなタ
イプ。所謂ボランチではなくレジスタ。

長谷部にこれらの要素がない訳ではないが、長谷部にはドリブルで前を向いて
周りにリズムをもたらすタイプである。同じくACミランのカカのようなタイ
プで、ボランチで使うよりも一つ前で生きる。

これらを考えると今現在TOP下小野、ボランチ長谷部よりは逆で起用すること
によって、チームのリズムが向上するように感じられる。

今後のギドの采配も気になるが、リズムをチーム内で感じあい自らで修正して
行くようになって行き、Jの中でもリズムのある攻撃を生めるようになっても
らいたい。
| 浦和レッズ | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |
Comment
Comment on this entry









Trackback URL
http://redzone2nd.jugem.cc/trackback/153
Trackback