RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
横浜 vs 浦和
さてさて、今日のスタメン。
前節のセレッソ戦と変わらず3-6-1です。
−−−−−−ワシ−−−−−−
−−−小野−−−−ポン−−−
アレ−−−−−−−−−−山田
−−−−ハセ−−鈴木−−−−
−−坪井−−闘莉−−堀之−−
−−−−−−都築−−−−−−
サブ:山岸、内舘、平川、相馬、永井、岡野、酒井
首位横浜との無敗どうしの試合。
今年はナビスコも同グループとあって、緒戦は負けたくない。


内容を書きたいのだが、時間が無いのでまず結果。
43m 山田 暢久
48m ワシントン
89m 大島 秀夫
89m 長谷部 誠

横浜 1 - 3 浦和

全体を通してどちらに点が入ってもおかしくない試合だった。
前半はゲーム展開がピッチの中央で行われなかなかチャンスも少なかっ
たが、出足の早いプレッシャーとボールの展開で攻ゲームだった。

ゲーム中のヒーローはゴールを決めた人になってしまうが、今日の試合は
DFに是非ともあげたい。
浦和は前線の3人を残して全員が高い守備意識でボールを奪取する意欲。
特に鈴木は中盤底で完全にフィルター役に徹し、スペースを消し、カバー
リング意識が高く、このままのコンディションを維持してもらいたい。
そして闘莉王。ロングボールを多用していた横浜の攻撃をその高さを
存分に生かし空中戦を制し、隙あらば攻撃参加する意識。

逆に横浜は左右のCBまでもが果敢に攻めあがる高い攻撃意識。
松田、中沢はWBの裏をケアするどころかそのまま攻撃参加までし、前線へ
の飛び出しも多く見られた。

ジーコの観覧試合だけあって、代表勢の気合も感じられる。
アレックスは最近めっぽうキレが戻りつつあり、DFの意識も高くなっている。
気になったのは小野・・・。まだフル出場できるだけコンディションが
上がってないんだろうか?先週のようなゴールを是非また見たい。

今日はここまで。
続きは書けたらOTL
| 浦和レッズ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - |
Comment
Comment on this entry









Trackback URL
http://redzone2nd.jugem.cc/trackback/155
Trackback