RedZone 2nd Edition
Search this site.
Welcome
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Selected Entry
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Profile
RedZone2nd Edition 20代の♂
Favorite team.
  浦和レッドダイヤモンズ
  フィオレンティーナ
  チェルチー
  バルセロナ
Powered
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本代表 vs エクアドル代表
結果:
日本 1 - 0 エクアドル
得点者:
85m 小野

南米対策とのことで組まれた親善試合エクアドル戦。
南米予選を3位で通過し、ホームではブラジル、アルゼンチンをも制して
きた国ではあるが、怪我人の関係で主力を欠いた1.5軍に近い選手層での
試合であった。
まずは先に疑問の残るスタメンから。

−−−−玉田−−−−−−久保−−−−
−−−−−−−−小笠原−−−−−−−
−アレ−−−−−−−−−−−−加地−
−−−−−小野−−−−福西−−−−−
−−−中沢−−−宮本−−−坪井−−−
−−−−−−−−川口−−−−−−−−

メンバーチェンジ
77m 久保 → 佐藤
77m 玉田 → 巻

今回はシステムと選手起用についてちょっと書いてみたい。

今回のシステムは3-5-2。ジーコ政権下最も多用された戦術であり、最も勝ち
星を挙げているシステムであるのは周知の通りである。
しかし今回の試合ではちょっと意味合いが違っていた。
前回のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で用いた4-4-2の課題点を修正するという
テーマが置き去りにされてしまったのである。
「遠藤の離脱」これがジーコにとってシステムを変えざえるをえなかった要素
である。ボランチに小野を入れて、3バックの右に坪井をいれての3-5-3に
変えてきたのである。システムの完成度、4-4-2に修正を考えれば明らかに
ジーコに迷いが出始めているのが分かる。
今回召集したメンバーでボランチ本職が福西、阿部、遠藤の3人。ジーコ政
権下では小野もボランチとして出場。クラブチームも含めれば小笠原、長谷部の
2人も充分経験している。
ジーコの求めたのは小野、小笠原の2OH、福西、遠藤の2DH。ここで遠藤の
離脱を考えれば、まずは阿部が考えられる。守備力、フィード力、セット
プレーでのバリエーションを考えれば遠藤に遜色の無い存在である。
次は長谷部のボランチ。クラブチームでもボランチとして出場しているし、
中盤底での冷静さ、ドリブル力、パス力等、インド戦での出来を改めて
近くで見れるチャンスでもある。またこの長谷部を一枚上げて、ボランチ
小野。インド戦でも試しているシステムであれば迷いもないように思える。
いろいろ試せるのが親善試合であり、テストとしては数少ないチャンスを
無駄にこなすだけではないだろうか?

「選手層とファーストチョイス」
遠藤の離脱で坪井のチョイスはジーコの言う「列」のままであったのが分かる。
「遠藤がダメなら阿部」というシステム先行の選手チョイスではなく、「遠藤がダメ
なら坪井」という選手先行のシステムチョイスだったのだ。その結果が3-5-2に変更
した理由である。この点大きく違うのがオランダのファンバステン監督である。
オランダのシステムは4-3-3が主流。この戦術にあった選手を当てはめて、システム
を崩さない。これによってもたらされるのは選手離脱の際のファーストチョイスで
ある。誰が離脱しても同じポジションに選手を当てはめるだけで事がすむ。また、
オランダが徹底しているのは下部世代から同じシステムを踏襲している事だ。これ
によって世代交代が容易になるだけではなく、同じく怪我での離脱によっての追加
召集がスムーズになるのだ。
前監督のトルシエは各世代を全部見ることによって、A代表の世代交代を
スムーズに行ってきたが、ジーコはあくまでA代表専任。下の世代は別の
監督によって指揮されているために、チームとしての色もシステムも全て
違っている。こうなってしまうとクラブチームでのシステムが意味をなし
てしまい、結局は慣れ親しんだ3-5-2が代表でもやり易いと言う声が出る。

この次はその「列」について触れてみたいと思う。

試合は途中出場の佐藤が代表2ゴール目を上げ、南米相手に初勝利を得る。
| 海外サッカー | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:34 | - | - |
Comment
Comment on this entry









Trackback URL
http://redzone2nd.jugem.cc/trackback/156
Trackback